photo school side picture

ミュージック・フォトスタジオ "K "のブログ

ここでは日ごろの色々な出来事を感じたままにフリーなタッチで書くことによって、ミュージック・フォトスタジオ全体のイメージと遂行状態がわかって頂き、当社に対する理解が多少なりとも身近なものとなって、音楽やビジュアル・アートへの関心が深まればと考え、「ミュージック・フォトスタジオ "K "のブログ」と名付け掲載する事にしました。

ミュージック・フォトスタジオ ”K” お気に入り、CDジャケット・フォト

 


当サイトは音楽理論を主に掲載していますが、少しばかりの息抜きとしてジャケット写真に目を向けソフトな部分で音楽にふれて見たいと考えたコーナーです。ジャケット写真はサイトの更新と共に新しいものを紹介していく予定です。

当サイトの展開は、大阪でオーディション写真の撮影を中心に展開するビットスタジオが運営しています。そちらのほうもあわせてご覧ください。

ライトミュージック・セオリー

昨今の多様化したミュージック・シーンに於いて、比較的新しいジャンルの音楽として「ライトミュージック」と呼称される分野に興味をもつ方々が激増しています。これは音楽に従事する筆者にとって、非常に安定したワーキング・スタンスを持てる喜ばしい時代と言えるでしょう。しかし、それが逆に原因なって情報が氾濫しすぎ、それらに対する整理のつかない、有る意味に於いて混沌とした時代になったとも言えるのかもしれません。筆者はそういった時代の変遷の中で、現在に至るまでの音楽を考え、自分なりのワーキング・スタイルを遂行してきたのですが、幸いなことに昨今のライトミュージックを掌るセオリーを体系的に学ぶ機会をヨーロッパへの留学によって得ることができ、無駄な労力を使うことなく、効率的な学習を修める事ができました。そこでの体験は私自身の音楽観念の全てを変えるものであり、今日の日本の音楽状況を予感できるものでもありました。

ここで掲載するライトミュージック・セオリーは、筆者が今まで音楽活動をして得たものを、現在のライトミュージックをより体系的な観点から学習して頂くために、少しでも役立てて頂ければと思い纏め挙げたものです。このサイトを閲覧頂き、サイトユーザー自身のミュージック・クオリティーの向上に貢献できるかは保証できるものではありませんが、ミュージック・セオリーはミュージック・メディアそのものではなく、その活動に対した方向性を示す曖昧な道しるべにすぎません。したがってこのサイト「ライトミュージック・セオリー」はサイトユーザー自身のイメージする音楽観念を掌る「視点の膨張」に役立つものと言えます。

「音楽教育」は「演奏活動」とは全く次元の異なるものです。教育は活動への束縛を意味し、演奏活動は楽器の上で自由になることを意味します。このサイト「ライトミュージック・セオリー」を閲覧することによって、なんらかの演奏活動を阻害する事になるかも知れません。しかし、それを知った上でなら、自身の音楽に対する視点の膨張につながり、より自由な演奏活動に繋がることを期待しているのです。

このサイトの構成は始めの段階では演奏活動に於ける約束事を守ることに終始し、後半にはそれらを破壊することへと移行していきます。これはオーソドックスな表現からアヴァンギャルドな創作を求める姿勢であるとも言えます。このサイト「ライトミュージック・セオリー」を執筆するに当たって、筆者の情報の未整理、力量不足を痛感しました。個々についての追求が不足している部分も多々あります。また随所にエクササイズを掲載していますが、サイトヴォリューム制限の関係から、充分なものであるとは言えません。ユーザー自身の手によって問題を自ら設定し、充分なレッスンを積んで頂きたいものです。

ミュージック・ルールの誕生は奏者自身の経験であると言えます。このサイトのコンテンツを理解した時には、筆者の公開した「ライトミュージック・セオリー」に束縛されない、自分自身の音楽が生まれることを祈っています。

2010年11月  エレクトリック・ミュージック・スタジオ Studio K  代表取締役 :藤本国晴

UP DATE

 15.02.09 絶対音感と相対音感 15.01.08 合理性 14.12.09 個性の表現 13.11.20 13.09.30 サックスソリ4 13.,08.16 サックスソリ3 13.07.06 サックスソリ2 13.05.26 サックス・ソリ_1 13.04.16 スリー・パート・ソリ 13.03.06 ツー・ホーン・ライティング  13.01.21 ブラスソリ_2 12.12.05 ブラスソリ 12.10.19  xr_contents_4 12.08.31 LEAPING APPROACH 12.07.20 ダイアトニック・スケール・アプローチ 12.06.10 ダイヤトニック・コード・プログレッション 12.04.30 スティビー・ワンダー 12.03.22 オルタード・ドミナント・アプローチ 12.02.15 運命 11.12.31 ドミナント・アプローチ 11.11.15 ハーモナイズ・ルール 11.10.06 ディレイ・リゾルブ 11.08.28 Wクロマティック・アプローチ 11.07.22 クロマティック・アプローチ 11.06.17 ディミニッシュ・アプローチ_2  11.05.11   ディミニッシュ・アプローチ_1 111.04.10 4_way_クローズ  11.03.15  クローズ・ヴォイッシング
13.11.20 サックス・スプレット_1

10.11.11  サイト名称 : 「ミュージック・フォトスタジオの音楽理論」を UPしました。

相互リンク募集中

お申し込みメール → web@ongaku-riron.sakura.ne.jp
サイト名 : ミュージック・フォトスタジオの音楽理論
URL : http://www.ongaku-riron.com/
紹介文 : ミュージック・フォトスタジオがライトミュージックの本格的な音楽理論を掲載しています。

◇ 当サイトはリンクフリーです。ご自由に張って頂ければ幸いです。

GREAT MUSICIAN CLSEUP

スティービー・ワンダー